ご挨拶
  1. ホーム
  2. ビューティフルエージング協会について
  3. ご挨拶

会長挨拶

BAA会長就任挨拶

会長に就任いたしました、山口輝雄でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私とビューティフルエージング協会の出会いは、1999年にライフデザイン・アドバイザー養成講座を受講し、ライフデザイン・アドバイザー資格を取得したことに始まります。当時、大手損害保険会社の健康保険組合の責任者をしており、高齢化の進展によるわが国社会の急激な変化を肌で感じておりました。そのなかで、高齢者がいつまでも、健康で活き活きと過ごせる社会を実現することに共感し、資格を取得することにいたしました。

その後、資格を取得した仲間と結成した、「ライフデザイン・アドバイザーの会」に参加、協会と連携し、「ビューティフルエージング実現」に向けて活動を続けてまいりました。

今通常総会におきまして、会長という大役を仰せつかりましたので、微力ながら皆様のご支援・ご指導をいただきながら、全力を尽くしたいと思います。

わが国社会は、急速に超高齢化へ向けて動いており、高齢者の生きがい・健康・経済など、課題が山積しております。当協会もアドの会ともども大きく変革の時を迎えているのではないでしょうか。「流れる川は朽ちず」と言いますが、当協会も留まることなく、常に新しいことに挑戦し続け、永遠に前進する会でありたいと思っています。

幸い当協会は、企業、個人、ライフデザイン・アドバイザーなど有意義な知恵や能力を持った方々が活動を担っており、大きな可能性を秘めた組織です。この力を結集して、中高年世代の方々が明るく楽しく、夢と希望に満ちた人生を送る事が出来るよう、すなわち「ビューティフルエージングの実践」に向けて社会貢献できますよう活動してまいりたいと思います。

どうぞ、皆さまのご指導、ご協力を心からお願い申し上げます。

一般社団法人 ビューティフルエージング協会 会長 山口 輝雄

一般社団法人
ビューティフルエージング協会
会長 山口 輝雄

特別寄稿

モンドヴィーノ

ワイン・カラーのバックグラウンドが一面に広がる。そして、葡萄畑が現れる。「この映画をご覧になれば、明日選ぶワインが変わります」というナレーションが流れる。
話題の「モンドヴィーノ」という映画のホームページを開くと、最初に出てくる画面です。

今、日本でも、ワイン・ブームは、ますます高まりを見せています。ワインの消費量も、飛躍的に増加し、ワインの学校、アカデミー・デュ・ヴァンも、20歳前から80歳過ぎまで、多くの入門者で賑わっています。
「ワイン」は、そもそも美味しいものです。何も知らずに近所のスーパーで売出し中のワインを適当に飲んでみても、それなりに美味しいものです。
しかし、一寸コツを覚えて、少し冷やすとスッキリするワイン、常温で香りを浮かび上がらせると一層素敵になるワイン、料理の前に飲むと料理が美味しくなるワイン、料理と共に味わって互いに引き立てあうワイン、湯上りの2人の語らいの時のためのワイン等々が分かってくると、いよいよ素晴らしさが増して来ます。そして、それぞれのワインの個性が分かって来ると、まさにその日に選ぶワインが決まります。

この映画は、世界各地のいろいろな人々のワインをめぐる物語を、淡々と語ります。ブルゴーニュの伝統的なワイン造りの城主、ラングドックの山合いで大地と語り合うワインを造っている哲学者、アメリカの資本主義的なワイン企業の盛衰、イタリアの14世紀以来の名門侯爵家と時の流れ、アルゼンチン、ブラジルまで出かけて夢を見る人々。
面白いのは、現在、ワインの世界で著名な実在の人物が、次々に登場することです。

ミシェル・ロランというワイン・コンサルタントは、品質にむらのある安ワインを一流ワインに仕立て上げるという評判を取り、今や、ヨーロッパだけでなく、北米、南米等々からも、引く手数多で、飛行機で飛び回っています。

ロバート・パーカーというワイン評論家は、ワインとは全く無縁な世界に育ったジャーナリストでしたが、偶々、ワインを取材して、ワインに偏差値のような点数を付けて評価するという方法でブレークしました。持ち前の断定的な筆調と素人の強みで、過去の経緯や、伝統的な権威等々を無視した論評を展開して、今や、パーカーポイントで売行きが左右されると言われます。

しかし、ワインは、やはり「文化」であり、「芸術」です。

人生に、数え切れない程の多様な幸せがあるように、ワインには、テロワール(大地)の語りかける数え切れない程の多彩な物語が込められています。
この映画を見終わって、多くの人は、市場原理によるマーケティング、現在の市場で儲かるワイン造りというものを否定できないとは思いながら、「神からの授かりもの、大地の恵みとしてのワイン」を、人為的な添加物や、過度の醸造操作によって、人工的なワイン飲料にしてしまうことの淋しさと、できることなら、何とかして本当のワインを存続、発展させて行きたいと思うのではないでしょうか。

20世紀の豊かさは、貧困からの解放であり、近代的な産業社会の形成のためには、市場原理、グローバリズムは、基本的なツールでした。
しかし、「21世紀の豊かさ」とは、グローバリズムが有効に働く経済分野とは別に、多様な歴史、文明等々の背景の上に、多彩な文化、芸術が花開くことではないでしょうか。
個人の豊かさも同じです。ビューティフルなワインを選んで、ビューティフルな人生を送りましょう。

米寿喜寿ボジョレヌーボー酌み交はし

BAA 顧問 池田 徳三

BAA 顧問 池田 徳三

当協会へのご入会

一般社団法人 ビューティフルエージング協会

所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋3-15-6 AS ONE愛宕402号( 地図
TEL. 03-3437-2525
FAX. 03-3437-2510

BAAライフデザイン・アドバイザーの会

所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋3-15-6 AS ONE愛宕402号
(ビューティフルエージング協会内)
TEL. 03-3437-2525
FAX. 03-3437-2510

PAGE TOP